【仮想通貨】Airdropは危険要素がいっぱい?

airdrop 仮想通貨 コイン

仮想通貨界で聞かれるAirdropという言葉。

 

Apple製品のAirdropは革命じゃないかというくらいにめちゃくちゃ便利ですよね。

僕も頻繁に使っています。

airdrop コイン

airdrop コイン

apple製品同士をタップするだけで無線でファイルのやりとりができるという未来のサービス、、、

 

じゃなくて今回は仮想通貨の方のAirdropです。

Apple製品の方とは全く別の意味になりますので注意してください。

Airdoripとは?

 

肝心の仮想通貨でいうAirdropとはなんでしょう?

 

Airdropとは空から降ってくるというような意味で、
何もしなくてもタダでコインがもらえます。

 

最近だとETHLend(LEND)がAirdrop実施を発表して人気を集めています。

 

AirdropでのLENDの受け取り方はこちらのブログに書いたのでご覧ください。

専用のウォレットを作るだけで受け取ることができるので大変オススメです。

【草コイン】ETHLend(LEND)がこれからくる?

 

とりあえずの性質としてAirdropではタダでコインがもらえるシステムとして考えて大丈夫です。

Airdropのデメリット

 

そんなタダでコインがもらえるAirdropにもデメリットがあります。

 

まずはAirdropを撒き餌にしてコイン(=トークン)に興味を持たせるICOが乱立しています。

 

例えばA社が「これからICOで資金を集めます!そしてAirdropでコインも配布します!

と発表するとします。

 

タダでコインがもらえる!このコイン注目しておこう!

とコイン自体の注目度が上がったり、相場が上がります。

 

ICOで一定の資金を集めた後に、そのプロジェクトが何も進行せずに
尻切れになって終わってしまった。

 

という事例はこれからも増えていくことでしょう。

 

ICOは株式と違って、コインを持っているからといってその会社に
何かの権利を行使できるわけではありません。

 

そこを理解しておくとタダだからといって何にでも食いついてはいけない、ということがわかるでしょう。

 

あとはAirdropでコインをもらうために作成したウォレットにウィルスが入っていた
という事例もあるようなので、わけのわからないものは危険です。

ある程度ネットに情報が載っていて、信ぴょう性のあるものかどうか判断するスキルが大事です。

Airdropを受ける条件

 

airdrop ウォレット

airdrop ウォレット

こちらはOmiseGoというトークンプロジェクトのAirdrop案件ですが、
一定時期まで保有していたETHの総量に対してコインがもらえるということでした。

 

Airdoropの案件によっても、どうやったらコインがもらえるかは違ってきます。

各案件の要綱をしっかり確認してください。

 

 

もちろん稼げる案件はBinanceから!

biance.comをを始める

 

詳しい始めかたはこちらから!

Binanceを始めてみた!草コインをやろう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です